弁護士への相談

カードの支払いができなくなるとどうなるのか

便利だからと使いすぎてしまう方も多いクレジットカードは、支払いが重なって苦しい思いをしたという方も少ないことでしょう。それでも何とか支払いができていれば問題はありませんが、収入から考えて多すぎる負担となるカード利用を重ねてしまうと、カードの支払いができなくなるといった状況に陥ります。

 

カードの支払いができなくなれば利用が停止されてしまい、枠が残っているとしてもショッピングもキャッシングも利用ができません。また、そのまま長期間に渡って支払いがされなければ信用情報機関に事故情報の記録がされ、今後の生活にも大きな悪影響が出てしまいます。

 

しっかりと考えて使えば便利なクレジットカードも、使いすぎには十分に注意が必要です。何も考えずにカードが使えるからと枠があるだけ使っていれば、そのうちに支払いができなくなるのは目に見えています。

 

支払いのために借金でお金を用意するなどとなると最早どうにもならず、借金で支払いをする自転車操業では破滅がもうすぐそこまで来ています。そのまま借りては払ってを繰り返していると考えられないほどの借金総額となってしまうため、カードの支払いで困るような状況となってしまったら早めに弁護士への相談を進めておくと良いでしょう。

 

その際にカードが払えないとどうなるかもしっかりと聞いておき、そのままにしていることに対するリスクも確認してください。詳しい話を聞いた後に解決のために弁護士に依頼をするかを決めれば良いので、支払いに関する内容はまずは相談なのです。