弁護士への相談

任意整理後の返済もしっかりと相談を

主に消費者金融やクレジットカードのキャッシングの返済に困った方が利用する借金の整理方法である任意整理は、手続き後に残った借金の返済を進めていくこととなります。

 

借金が払えないから弁護士に依頼をして整理をしてもらうのに、その後に返済をするとなると聞くと違和感があるかもしれませんが、任意整理は自己破産とは異なり借金の減額をして可能な範囲で返済をする整理方法となるため、返済をするのは当然なのです。

 

そもそも自己破産はどう頑張っても今後に返済ができる見込みがないような借金を抱えてしまった方や、収入が無くなって返済を行うだけのお金が無い方のための債務整理方法です。借金の総額がそこまで大きくなく、毎月の安定した収入を持っている方では、通常は自己破産による債務整理は行いません。

 

自己破産は最終手段的なものであり、まずは任意整理などによって借金の返済ができないかを考えていく流れとなるので、借りたものは返すといった考えに基づいた債務整理が任意整理なのです。

 

ただ、借りたものは返すとは言っても、今のままでは返済ができない状況もあります。返済の金額が大きすぎる、利息が高すぎるなどの理由で返済が苦しくなる場合がほとんどのため、債権者と交渉をして返済の計画を見直し、借りたお金は返す代わりに利息は免除してほしいと話を進めます。

 

合意をするかは債権者の任意のために交渉力が必要となり、弁護士などの専門家の力を借りないと任意整理はうまくいかない側面もあります。

 

また、注意をしておきたいのは任意整理の返済期間で、しっかりとした内容で話を進めないと無理な条件を突きつけられる可能性があります。債権者は素人相手だと強気に出てきますので、不利にならない条件で任意整理を進めるのであれば、やはり弁護士への依頼をすべきなのです。