弁護士への相談

交通事故の示談も弁護士に任せられる

交通事故の示談交渉は何かと難航するもので、特に専門知識がない被害者側としては示談の進め方によっては慰謝料の金額で損をするケースも多々あります。

 

交通事故の多くは被害者側が加害者側の加入する保険会社と示談交渉を進め、支払ってもらう損害賠償の金額を決めます。損害賠償には交通事故で負った怪我の治療費、怪我による休業期間に得るはずだった所得、今後の生活に与える影響等も含めた精神的な怪我に対する慰謝料が含まれており、示談交渉の内容によって金額は大きく上下することとなります。

 

怪我の治療にかかるお金は交渉によって変わることはないと考える方もいますが、保険会社は治療を長引かせて支払う金額が増えることを嫌うため、示談の成立を急ぐ場合が多いです。そのため、示談の進め方や内容によっては治療費の金額すらも少なくなることがあり、結果として被害者側が損をしてしまうのです。

 

その他の判断が難しい慰謝料に関しても同様で、示談の交渉をしっかりと進めないと慰謝料も雀の涙ほどしか得られない被害者の方もいます。

 

保険会社はお金を払いたがらないためにこういったことが起こりますが、保険会社も商売のために仕方ありません。また、交通事故の件数が多く保険会社の負担も増えがちな地域では特に示談交渉に関するトラブルが多いので、交通事故の件数が全国ワースト1となる愛知県では特に注意が必要です。

 

示談の交渉を進めるにあたって納得がいかない部分や、言い分が通らないなどで困ったことがあれば、対応をしてくれる弁護士に相談をしてみるのも良いでしょう。上に挙げた交通事故が多い愛知県でも愛知県の交通事故示談で弁護士が話をしてくれるので、被害者側が損をしない示談の成立が可能となります。